アトツギピッチ/家業×イノベーションの新ビジネスを考えるアトツギソンDAY3のピッチイベント

開催日:2018/02/25 大阪府大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタルタワーC7階

アトツギピッチはアトツギソンDAY3に行う 家業×イノベーションで考え出したビジネスアイデアを観覧して頂けるイベントです。
また、当日は豪華登壇者によるキーノートセッション、懇親会(希望者のみ)も合わせて開催致します。アトツギがベンチャーを興こす有志をぜひ、ご覧になってください。

※本ページはアトツギピッチ観覧者用の申し込みページとなります。アトツギソンに参加をご希望の方はこちらからお申し込みください。
アトツギソン挑戦者はこちら

【イベント内容】
2月23日(金)からスタートする「アトツギソン」。

34歳未満のアトツギを対象に、家業の経営資源を活用した新しいビジネスの創出を目的としたまったく新しいスタイルのアイデアソンです。

同じ境遇の同じ世代、でも異業種。そんなアトツギU34が集まり、互いの家業の経営資源と自分たちの経験やナレッジを掛け算することで化学反応的に新しい事業アイデアを生み出していく、いわば耐久レースです。

その最終日DAY3となる2月25日(日)はアトツギピッチと題して、二日間で醸成したビジネスアイデアを発表。関西を代表する起業家、ベンチャー型事業承継経営者をはじめ、一般来場者の前でピッチします。

審査ポイントは
①経営資源の有効活用
②独自性/新規性
③実現可能性
④市場性
⑤収益性
⑥熱量

アトツギベンチャーならではの、新ビジネス。家業の歴史を交えながら、未来に繋げるための新たなビジネスについての発表となります。

また、第二部のキーノートセッションでは、ChatWork株式会社の山本社長、株式会社大都の山田社長、そして主催者である大阪イノベーションハブからチーフプロデューサーの山野が登壇。第一部のビジネスアイデアを解説するとともに、アトツギがベンチャーを起こしていくうえでの課題や可能性について本音ベースで赤裸々トークを繰り広げます。

【開催日時】2018年2月25日(日) 16:00~19:00(懇親会は19:00~20:30)

【開催場所】大阪イノベーションハブ
〒530-0011
大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪ナレッジキャピタルタワーC7階
https://www.innovation-osaka.jp/ja/access/

【料金】無料(懇親会参加をご希望の方は2000円を受付でお支払いください)
※飲食の準備の都合上、懇親会のキャンセルは2月21日までしかできませんのでご注意ください。

【定員】100名(要事前予約 満席になり次第締め切ります)

【第1部】アトツギピッチ/最終発表/審査発表 (16:00~17:30)
【第2部】キーノートセッション        (17:50~19:00)
【懇親会】事前申込みをいただいた方のみ、ご参加いただけます(19:00~20:30)※懇親会参加費2,000円を受付でお支払いください。

【キーノートセッション登壇者紹介】
ChatWork株式会社 CEO 山本敏行

1979年3月21日大阪府寝屋川市生まれ。中央大学商学部在学中の2000年、留学先のロサンゼルスにて中小企業のIT化を支援する株式会社EC studioを創業し、2004年法人化。
2011年にクラウド型のビジネスチャット「チャットワーク」を開始。2012年に社名をChatWork株式会社に変更し、米国法人をシリコンバレーに設立。自身もシリコンバレー在住経験を持ち、現在は日本や海外の拠点を行き来しながら、日夜マーケティング活動に奔走している。

https://corp.chatwork.com/ja/

株式会社大都 代表取締役 山田 岳人氏

1969年11月生まれ。石川県出身。大学卒業後、リクルートに入社。6年間の人材採用の営業を経て、妻の父親が経営する1937年創業の総合金物工具商社、大都に入社。2002年にEC事業を立ち上げる。2011年、代表取締役に就任。2014年、リアル店舗「DIY FACTORY OSAKA」をオープン。(社)日本DIY協会が認定する「DIYアドバイザー」の資格を持つ。
http://www.daitotools.com/

大阪イノベーションハブ チーフプロデューサー 山野千枝

大阪産業創造館が発行するビジネス情報紙「Bplatz」の2001年の創刊以来16年間、編集長として多くの経営者取材に携わる中でファミリービジネスの世代交代時に起こるイノベーションに関心を持つ。「起業家もかっこいいけど後継ぎもかっこいい!」を伝えるために、関西圏の大学で親が商売をしている学生を対象に「ガチンコ後継者ゼミ」を開講。会社の歴史を活用した採用戦略、社史制作などを手がける株式会社千年治商店を2016年に設立。近畿経済産業局「NEXT INNOVATION」事業ではプロジェクトリーダーを務め、若手後継者が家業の経営資源で新しいビジネスを起こす「ベンチャー型事業承継」を広めるために、伝道師として活動中。
https://www.innovation-osaka.jp/ja/

アトツギピッチ観覧申し込みはこちら